出費を抑えることも大事だが、先行投資をすることも重要

経費で使うお金はいずれその会社のための「投資」になる

当然のことながら、長期間にわたるプロジェクトの開発資金を自前で用意できないとすると、なんらかの形で資金手当しなければなりません。今回の事例では、発注されて早々に人件費などの経費支払いが発生してきます。このプロジェクトは、期間を約5ヶ月弱と見ていますので、その間に5000万円の立て替え経費が発生する予定です。最終的に検収が完了すれば8000万円の入金がなされ、3000万円の収益がもたらされますが、それにしても立て替え資金が大きいです。こういった資金も、運転資金のひとつです。

まず会社として、このようなプロジェクトに取り組む場合には何が重要でしょうか?私ならば、プロジェクトの発注先が検収までコケないかそれが一番心配です。次に、会社として請け負うのはいいのですが、期限までに完成させることができるのか、また完成できる力量があるのか、その点が気にかかるところです。あと、契約内容も締結前に精査します。契約期限までに製品が完成しなければ、何千万というペナルティを科される条項があったりします。

ちょっとしたことで、自社が不利にならないか事前に弁護士などにも確認します。実は銀行も同じようなところを見てきます。まずは販売先の信用度、そしてこの会社がプロジェクトを完遂できるかどうかです。この点について銀行は相手先の信用を調べたうえで、契約書を確認し、さらに会社が過去どういった開発実績を持っているのかチェックしてきます。このプロジェクトにまつわる運転資金は、運転資金の中でも比較的チェックポイントが多いものの1つです。設備資金を自身で審査する。
キャッシングサイトや企業などにお金借りる際の審査はかなり厳しいものかと思っていたのですが、意外と審査の基準は高くなく、また企業によっては時間も短いのでストレスフリーな借入が可能なようです。
不幸というのは急な話ということが多いものですよね。追い打ちをかけるように遺産がらみの話なども出てきますよね。相続税などの税金についても日頃からよく話し合っておく必要があるのではないでしょうか
最近どこでも色んな場所でよく聞くキャッシングという言葉ですが、これはローンに比べて比較的少額ながら最短だと即日でお金を借りる事の出来る、個人向けの手軽なサービスという意味らしいです。


投資効率を考えずに、お金を使ってしまうわけです。その時は先行投資のように考えて使ってしまうのですが、単発的な広告宣伝費に使ってしまったり、従業員を増やしたり、オフィスのレイアウトを大改装したり、とにかく安易に資金が使われがちになります。そのまま、当初の予定通りに業績が順調に伸びていけば問題はありません。

ただ皮肉にも、事業が伸び続けていくことは非常に稀です。事業が停滞した瞬間から、財務体質の悪化に銀行の目がいくようになります。そして、銀行から今後の業績に懸念を持たれると、地獄への入り口です。よくありがちですが、起死回生を狙い、多くの会社は新規事業に手を出します。新規事業というものは、そもそも事業リスクが非常に高いものです。

最新情報
2013/09/19 Recommendを更新しました。
2013/09/15 新着記事を更新しました。
2013/09/14 油断は禁物を更新しました。
2013/09/11 事業予測の表を作成を更新しました。
2013/09/09 ギャップを補うを更新しました。
2013/09/07 「設備資金」とはを更新しました。
2013/09/06 経費で使うお金はいずれその会社のための「投資」になるを更新しました。
2013/09/03 ホームページをリニューアルしました。

Pickup Site
キャッシングサービスのプランネル 登録貸金業者情報検索サービスアイフル
日本文化センターグループのプランネルが運営するキャッシングサービスです。電話・ネットで申し込み可能。金融庁のサイトで、貸金業者としての登録の有無を調べられます。消費者金融会社アイフルのサイトです。キャッシングに必要な手続き、書類などが細かく解説されています。